原発性硬化性胆管炎の危険因子

posted in: Japanese | 0

原発性硬化性胆管炎(PSC)は、炎症性腸疾病(IBD)と密接に関連しています。PSC と IBD の関連性が十分に立証される一方、当関連性に対する理由は確定していません。PSC と IBD は複雑な遺伝性疾病であると考えられており、遺伝子および環境に関する危険因子の組み合わせによって引き起こされます。PSC の遺伝子に関する役割に焦点を合わせる研究では、IBD に発見された遺伝子に関する幾つかの危険を有する遺伝子座も、PSCと関連していると論証しています。PSC の遺伝子の役割に関する知見は増加していますが、環境に関する潜在的なトリガー因子はほとんど分かっていません。   IBDの分野における研究では、喫煙と過去の虫垂切除術歴が潰瘍性結腸炎(UC)の発症を遅らせる防護作用の働きをすることを明らかにしています。PSC 患者の一等親血縁者には、PSC と UCの発症の危険が増加すると明示しています。これまでのところ、喫煙習慣や虫垂切除術の効果、およびPSC発症の危険を検討する大型研究はありません。   研究者たちは本研究において、PSCに罹患している患者の大集団でPSCを発症させる潜在的な環境性危険因子を評価することを目的としました。 研究された潜在的な危険因子は、喫煙習慣、虫垂切除術歴、IBD の家族歴および自己免疫性肝疾患だけでなく、地理学的分布が含まれています。これらの危険因子を分析するために、今回の研究に採用されたPSC 患者には、IBD 対照群と同時に健康対照群(HC)が比較されました。これらの対照群を使用し、研究者はどのくらいの頻度で危険因子に対して曝露が各群に発現するかを比較し、リスク因子と疾病の関連性を特定することができました。    参加者は「欧州患者協会PSC(原発性硬化性胆管炎)およびPBC(原発性胆汁性肝硬変)プロジェクト」の下で募集され、オランダでPSC および原発性胆汁性肝硬変(PBC)に罹患している患者の大きい対象集団に基づくコホート分析を行いました。本研究は2008年1月1日から2011年12月31日まで実施されました。参加者は、研究に参加するよう招待され、治験同意書を提出し、喫煙の有無、虫垂切除術歴、IBDに罹患している一等親血縁者および自己免疫性肝疾患の有無に関して10項目のアンケート調査に記入しました。   合計でPSCに罹患している343名の患者が参加に同意してアンケート調査に記入し、その内の164 名の患者がUCを併発しており、50 名がクローン病(CD)を有していました。また、合計でIBD に罹患している370名の患者と232名の健康対照群(HC)が参加に同意し、アンケート調査に記入しました。本研究でPSC患者群を表している人口統計学的データが 、オランダのPSCの対象集団を代表しています。年齢の中央値は48 歳で、患者の 65% が男性です。IBD 対照群では、患者の40% が男性で、年齢の中央値は43 歳です。HC 群では、年齢の中央値は55歳で、患者の46%が男性です。   PSC 患者は、IBDの併発の存在に基づいて、UCに罹患している患者、CDに罹患している患者および … Read More

原発性硬化性胆管炎の転帰を予測する

posted in: Japanese | 0

 
肝臓の組織構造のためのスコアシステム
 
肝臓組織の微視的構造を研究する(肝臓組織学)ことにより、原発性硬化性胆管炎(以下PSC)ã

ノルウェーPSC研究センター(NoPSC): パート1

posted in: Japanese | 0

 

ノルウェー国オスローの国立病院内にあるノルウェーPSC研究センター(NoPSC)では35年にわたり優れたPSC研究が行われてきました。したがってæ¬

原発性硬化性胆管炎(PSC)に関するオランダにおける画期的研究

posted in: Japanese | 0

原発性硬化性胆管炎(PSC)に関するオランダにおける画期的研究

注意:
著者は医学的な教育を受けていません。この研究はオランダで実施さã